お風呂の床に汚れがつきにくいようにするには?|奈良のリフォーム

「浴室の床に汚れがついてなかなか取れない…」
このような経験がある方は多いのではないでしょうか?
「汚れがつかないようにするにはどうしたらよいだろう」
とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
皆さんは、汚れがつかないような対策について正しく理解していますか?
そこで今回は、お風呂の床に汚れがつきにくくするための方法についてご紹介します。

□こまめに掃除する
浴室の床の汚れが拡大しないための最も効果的な対策は、こまめに掃除をすることです。
汚れを放置しておくと、汚れが固まって落ちにくくなってしまいます。
さらに、汚れが原因でカビが繁殖する可能性もあります。
とはいえ、「お風呂掃除にそんなに時間は取れない」
と思っている方もいらっしゃるでしょう。
そこでおすすめなのが、お風呂からあがる直前に軽くシャワーで床を流すことです。
すべての汚れを落とせるわけではありませんが、この方法で石けんカスや皮脂汚れは落とすことができるでしょう。

□換気する
定期的に換気することも、汚れが拡大しないための対策です。
お湯をはった後、残り湯を使うために湯を残している方はいらっしゃるでしょう。
お湯をはったままだと、浴室に湿気がたまりやすいため、カビが繁殖する原因になります。
そのため、お風呂からあがった後は換気扇を回すことや、定期的に換気することを徹底しましょう。

□汚れに応じた洗剤を使う
皆さんはお風呂を掃除するとき、すべての汚れに同じ洗剤を使っていませんか?
床の汚れには、黒ズミや赤カビ、水垢などさまざまな汚れがつきます。
そのため、汚れの性質に応じて洗剤を使い分けることが大切です。

*酸性洗剤
水垢や石けんカスはアルカリ性の汚れです。
そのため、クエン酸洗剤などの酸性洗剤を使うのがおすすめです。

*アルカリ性洗剤
皮脂汚れや油汚れは酸性です。
アルカリ性洗剤(重曹を代用できます)を使うことで、汚れを中和できます。

*中性洗剤
市販の中性洗剤ももちろん効果的です。
このほかにも、カビに対しては塩素系洗剤が効果的です。

*注意点
このように、汚れに対してはさまざまな方法があるので覚えておくと便利です。
一方で、クエン酸洗剤と塩素系洗剤のように、同時に使うと有害な物質が発生するものもあります。洗剤を使うときは、必ず注意事項をよく読んでから取り扱うようにしましょう。

□まとめ
以上、お風呂の床に汚れがつきにくいようにするための方法についてご紹介しました。
日ごろの心がけで、浴室は清潔に保つことができます。
万が一汚れがなかなか取れない場合は、専門の業者に相談してみるとよいでしょう。
この記事を、皆さんの暮らしに役立てていただければ幸いです。