防犯につながるドアの改修方法について|奈良のリフォーム

「ドアを改修したいけど、防犯対策は徹底したい」
「ドアの防犯対策にはどのようなものがあるのか知りたいな」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか?
ドアを改修するときには、デザインだけではなく防犯面も考えなければ、思わぬ被害に巻き込まれてしまうかもしれません。
長く安心して家に住むためにも、ドアから起こる犯罪には気をつけたいですよね。
そこで今回は、防犯につながるドアの改修方法についてご紹介します。

□鍵を工夫する

*鍵の形状
鍵穴がひらがなの「く」の字のカギはよく見かけます。
この形状のカギをディスクシリンダーといいます。
ディスクシリンダーのカギは、ピッキング(合鍵以外の道具で鍵を開けられてしまう犯罪のこと)の被害にあいやすいのが特徴です。
他にも、鍵が片側にだけ刻まれた形状のカギも、ピッキングにあいやすいです。
そこで、ディンプルキーという、表面に凹凸がついている形のカギを使えば、ピッキングの被害にあいにくいでしょう。
ディンプルキーは、複製しにくいというメリットがあります。

*鍵穴の数
皆さんのドアは、鍵穴が一つになっていませんか?
防犯を意識したドアにするためには、一つのドアに対して二つの鍵穴をつけるのがよいでしょう。
また、ドアをこじ開けられる被害を防ぐために、電子キーを利用したドアにするのも有効な防犯対策です。

□ガラスを使用しない
せっかく鍵穴や鍵の形状で対策をしても、ドアにガラスがあると、ガラスを破って簡単にドアは解錠されてしまいます。
そのため、改修をお考えの際は、ガラス製の部分をなくすとよいでしょう。

□ドアからの侵入被害例
先ほど、ドアから侵入する手口としてピッキングを紹介しました。
しかし、ピッキング以外にもドアから侵入する犯罪の手口はたくさんあります。
そこで、その手口と対策についてご紹介します。

*ドア破り
ドア破りは、ドアの隙間から工具を使って強引にドアを破壊する手口です。
対策として、ドアの隙間にガードプレートをつけるといった方法があります。

*サムターン回し
サムターン回しは、ピッキングと手口が似ています。
ドアにドリルなどで穴をあけ、内側のロックを解除する手法です。
サムターン回しの対処法として、補助錠をつけること、サムターンにカバーをかけることなどがあります。

□まとめ
以上、防犯につながるドアの改修方法についてご紹介しました。
ドアから侵入する手口は高度化していて、油断していると簡単に侵入されてしまうかもしれません。
ドアの改修をお考えの方は、この記事を参考に、犯罪に負けないドアの設置をご検討ください。