防犯目的の窓の改修に関して紹介|奈良のリフォーム

「防犯性能の高い窓にリフォームしたい」
「窓の防犯対策にはどのようなものがあるのだろう」
このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
窓を割って家に侵入される被害はとても多いので、侵入を防ぐのはとても難しいと思っている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、実は少しの工夫と対策で、窓からの侵入犯罪は防ぐことができます。
そこで今回は、防犯目的で窓を改修する際のポイントについてご紹介します。

□ガラス破りに強い窓にする

*強度の高いガラスにする
割れにくい素材のガラスにすることで、ガラス破りの犯罪を根本的に断ち切ることができるでしょう。

*二重窓にする
二重窓は、外から見ても二重窓だとわかる可能性が高いです。
そのため、犯罪を抑止する効果も持っています。

*格子をつける
ガラス破りは、窓を破り、そこから手を入れて内側のロックを解除するケースが多いです。
そのため、格子や雨戸をつけることでも対策できます。
格子は後付けできる種類もあるので、改修の費用をおさえることができます。

*クレセントのノブを取り外せるようにする
取り外し式のノブにすることで、万が一窓が割られても、内側のカギは簡単に解錠されません。

□錠を強化する

*補助錠をつける
補助錠をつけることで、たとえ窓を破られたとしても簡単には侵入されません。
錠を複数取りつけることは、窓だけでなく防犯においてとても効果的です。

*錠を高い位置につける
錠が低い位置にあると、犯人は小さい動作で鍵を開けることができます。
さらに犯人にとっては、錠の位置が低いと周囲から死角になるというメリットがあります。
そこで、鍵をあえて高い位置に取りつけることで、犯人の動作が大きくなり、周囲から怪しまれる可能性も高くなります。

□窓の周辺も強化する
もちろん窓を強化することは、犯罪の防止に直結します。
しかし、窓の周辺にも、防犯対策はたくさんあります。
窓の改修をお考えのときは、次のような防犯対策をもあわせてお考えください。

*ライトや防犯カメラをつける
最近では、人が近づいた気配に反応してライトが点灯するセンサー式のライトがあり、犯罪の抑止に役立っています。

□まとめ
以上、窓を改修するときの防犯対策について解説しました。
窓の犯罪は手口が限られているので、対策しやすいことがお分かりいただけたでしょう。
この記事を参考に、ぜひ犯罪に強い窓への改修をご検討ください。
防犯対策のためのリフォームをお考えの方は、当社までお気軽にご相談ください。