大雨の際にチェックしておきたいポイント|奈良の外壁塗装

外壁塗装の天敵と言っても過言ではないのが雨です。
「工事のことだから、自分には関係ないことだ」
と思っている方はいらっしゃいませんか?
実は、雨と外壁塗装には、工事中や工事後まで、私たちにさまざまな影響があります。
実は、雨と外壁塗装については、私たちにもできる対策があることを、皆さんはご存じですか。
そこで今回は、大雨が降ったときに外壁塗装で注意すべきことについてご説明します。

□塗料が仕上がらない

*塗料が雨で流される
塗料が仕上がる前に雨が降ると、塗料が流されてしまい、本来の性能を発揮できなくなります。

*塗料が雨に混ざる
塗料が雨に混ざると、塗料にムラが出てしまいます。
ムラができることによって、塗料が本来の性能を発揮できない可能性があります。

*耐用年数が短くなる
たしかに、塗料には防水性能を持つ塗膜をはる種類があります。
しかし、大雨の影響で塗膜がはがれてしまうと、塗料の耐用年数が短くなります。
一般的に塗料の耐用年数は十年ほどですので、さらに短くなると経済的にも負担になってしまいます。

□湿度と温度にも注意する
塗料は水だけでなく、湿度にも弱いことをご存じでしたか。
外壁塗装をするときの最適な天候は、気温5度以上、湿度85%以上とされています。
雨が降ると湿度が上がるので、注意が必要です。

□木材への影響
大雨は、単に塗料や塗膜にだけ影響するのではありません。
塗料や塗膜がうまくできないと、木材がひび割れする原因になったり、ひいては雨漏りが発生してしまったりします。

□対策
大雨の中外壁塗装をするのは、以上のような危険があります。
そこで、私たちにできる対策をご紹介します。

*工期を考える
雨の多い時期を選んでしまうと、工期が長引いてしまいます。
工期が長引くことで追加料金を取られることはほとんどありませんが、雨の多い時期は避けるようにしましょう。

*業者を見極める
雨が降っても工事を続けている業者には、しっかり説明を求めましょう。
丁寧に質問に答えてくれる業者、天候に応じて作業してくれるといった信頼できる業者を選ぶことが大切です。

□まとめ
以上、大雨の差異の注意点についてご紹介しました。
雨と外壁塗装の関係は、単に工事の問題だけではなく、家全体にかかわっていることがお分かりいただけたでしょうか。
この記事が、皆さんが外壁塗装を依頼する際の参考になれば幸いです。
不安な点やご不明点がありましたら、お気軽に当社までご相談ください。