雨漏りの発生原因と対策法について|奈良の外壁塗装

家で雨漏りが発生してお困りの方はいらっしゃいませんか?
「どうして雨漏りが起きたのだろう」
「雨漏りの対策について知りたいな」
とお考えの方は多いのではないでしょうか。
雨漏りを放置しておくと、家や体の健康にも被害が及びます。
そのため、原因を理解し、対策することがとても大切です。
そこで今回は、雨漏りの発生原因と対策についてご紹介します。

□雨漏りの原因

*外壁塗装の劣化
外壁塗装の耐用年数は、おおむね10年です。
外壁塗装をすることで、塗料が塗膜をはり、雨水の侵入を防いでいます。
しかし、塗料は時間がたつとともに劣化し、塗膜の効果が薄くなります。
すると、外壁が傷み、クラック(ひび)が入ります。
雨水はこのクラックから侵入して雨漏りとなるのです。

*施工不良
外壁の劣化以外で考えられるのは、業者の施工不良です。
施工不良は、保証期間内であれば問い合わせをして塗りなおしをしてもらえる場合があります。
保証期間に関係なく、不明な点や異変に気づいたら、業者に相談するようにしましょう。

*雨どい
大雨が降った際に雨どいに大量の水が流れ、雨どいが負担に耐えられずにオーバーフローすることで雨漏りの原因になってしまう可能性があります。

*自然災害
台風や暴風といった自然災害によって、サイディングなどの外壁材が損壊し、雨漏りになる可能性があります。
また、地震によって住宅自体が傾くことによって、住宅にひびが入り、雨漏りにつながるケースもあります。

□雨漏りの対策

*塗装してもらう
経年劣化が原因の雨漏りの場合は、塗装工事を行いましょう。
耐用年数はおおむね10年です。
しかし、種類によって耐用年数が異なっているので、不安な方は業者に見積もりをしてもらうとよいでしょう。

*コーキングの劣化がないか、定期的に確認する
急な災害によって雨漏りが起こることもあり得ます。
そのため、外壁にひび割れがないか、塗装がはがれていないかを確認すると、早めに対策できます。
幅が1mm以上のクラックができている場合は、雨漏りにつながる危険があります。
補修してもらいましょう。

□まとめ
以上、雨漏りの発生原因と対策についてご紹介しました。
雨漏りを長期間放置していると、家全体の構造が腐ってしまう可能性があります。
また、カビやダニの発生原因にもなり、身体に悪影響をおよぼすかもしれません。
そのため、雨漏りの対策は早めに行うことが大切です。
外壁塗装についてお悩みの方は、ぜひ一度当社へご相談ください。