外壁のヒビの原因の改善方法を解説|奈良の外壁塗装

「外壁にヒビが入ったのだけど、何が原因なのだろう」
「ヒビが入ったときの改善方法を知りたいな」
このように思っている方は多いのではないですか。
外壁にヒビが入ると、そこから雨水が浸透し、建物が劣化したり、最悪の場合は家が倒壊してしまったりする可能性もあります。
そのため、ヒビが起きた後の改善策を理解することはとても大切です。
そこで今回は、外壁のヒビの原因と改善方法についてご紹介します。

□乾燥

*原因
外壁が完全に乾燥する前に塗装することで、素地の収縮につれてヒビが入ります。
セメントが原料のモルタル材の壁は、ヒビ割れのリスクが高いです。
ほかにも、乾燥による水分の蒸発や収縮といった原因があります。

*改善方法
乾燥によるヒビは、幅が小さいのが特徴です。
まずはヒビの大きさを確認しましょう。
そして、幅が1mmを超える場合は、塗装工事を依頼するようにしましょう。
幅が小さい場合でも、自分で下地調整剤を塗ればカバーできる可能性もあります。
最近では、チョークやスプレーといった市販の製品でヒビをケアしている方もいるのではないですか。
しかし、「自分で作業するのは不安…」
という悩みはつきものですよね。
実は、市販の製品を使うと、特定の壁に使うと壁が劣化してしまうケースもあり、とても危険です。
そのようなときは、専門業者に委託した方がよいでしょう。
質の高い工事をうけることができ、仕上がりにも納得がいくはずです。

□構造

*原因
建物の構造上の欠陥や、不同沈下によってヒビ割れが起こることがあります。
また、地震によって建物が揺れて傾くと、重さに耐えられなくなって外壁にヒビが入る可能性があります。

*改善方法
もともとの地盤がゆるかったケースや、構造上の欠陥がある場合は、工事をしてもらった業者に相談するのがよいでしょう。
すでにヒビが入っているところに地震が起こると、ヒビが拡大してとても危険です。
日ごろから、ヒビの状態を定期的に点検するようにしましょう。

□注意点

*外壁のヒビの種類
外壁のヒビには、いくつかの種類があります。
皆さんの中には、「ヒビは小さいから、まだ工事をしなくても大丈夫だろう」と思っている方も多いのではないですか。
しかし、外壁のヒビは雨漏りの原因になるだけでなく、放っておくと家の構造全体の劣化につながります。
そのため、ヒビを見つけたら、すぐに幅を確認しましょう。

□まとめ
以上、外壁のヒビ割れの原因と改善方法についてご紹介しました。
ヒビの発生が、家全体にも影響するかもしれないことがお分かりいただけましたか。
この記事が、皆さんの家の外壁工事の参考になれば幸いです。
外壁のリフォームに関するご相談は、当社までお気軽にご相談ください。